--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/04/2008    居候決定
昨日保護した野鳥の経過報告です。
昨日の流れでは…


原チャの上でヒナ発見
 ↓
職場の人たちであちこちに電話をするが、どうしたらいいのかわからず
 ↓
県庁に聞いた所、某動物園に問い合わせてと回答される
 ↓
某動物園が閉園だったため、翌日に問い合わせる事に
 ↓
我が家に連れて帰る



駄目かもしれない・・・と思っていたのですが、朝からピーピーとエサを強請っていたので、なんとか一晩越えました。
あとは今後どうしていけばいいのかさえわかればこの子は助かる・・・。

仕事を遅刻してもいいので、鳥のために動いて良いと言っていただき、動物園の営業を待って電話しました。



電話に出られたのは若い女性。
事を掻い摘んで説明しました。

返答は大雑把に言うと


・動物園では怪我した鳥なら引き取る事ができる
・野生動物は人間が手を加えた時点で生きていけないから、元いた場所に帰してきてください


だった。
見た感じ、私の拾ったヒナは怪我をしてる様子もないので引き取りは無理。

元居た場所は私の原チャの上だし、原チャを停めてたところに置いておいたら確実に猫のエサ。


どちらの案も却下です。
せめて今後どうしていけばいいのかを教えてもらいたかったのと、何のヒナかを知りたかったので、「今から連れて行くので見てもらうだけでも見てもらえませんか?」と何度も言いましたが、OKの返事はもらえませんでした。

それは対応したお姉さんが悪いのではないことはわかるのだけれど、あちこち盥回しにされて、望みを託したこっちにとってはとてももどかしい気持ちでいっぱいです。

お姉さんも以前(子供の頃)に鳥を拾ったことがあり、その時は動物病院に連れて行けば色々と教えてたとお聞きしました。
だけど鳥インフルエンザの問題で動物病院も厳しいし、鳥を診れる病院がまず少なすぎます。


念のため、動物管理センターにも電話してみてください。
と言われたので、すぐに電話を切って管理センターに電話をしました。






8741.jpg

↑100均一で買った虫かごが今のところ住処↑





望みをかけて管理センターに問い合わせ。
内容としては


・野鳥は管轄外


とのことです。
対応して下った方がすごく親切な方で、鳥を保護した場合は病院よりも鳥を飼育しているペットショップに相談するのが一番だと教えていただきました。
目から鱗です。病院にばかり頼ろうとしてて、そういう方向に頭が向かなかった。


近所に鳥獣専門のペットショップがあったので、すぐに電話をかけました。





8742.jpg

なんぞ、これ。






生体を置いているペットショップだからこそ、尚更鳥インフルエンザの問題で相手にしてくれないんじゃないかと、半ば諦め気味に電話しました。

昨日から何度もした事の事情を、また説明して電話越しの反応をハラハラしながら伺う。



そしたら、思ってたよりもあっさり「鳥を連れて来てください」って言われた。

鳥インフルエンザの話なんて出なくて、一瞬唖然としてしまった。


「すぐに連れて行きます!」って言って電話を切って家を出ました。
昨日から水と犬の缶詰しかあげれてないので、早くしないとヒナが危なかったのです。






8743.jpg

※注:死んでません。寝てるだけです。



連れて行ったら、躊躇わずに手に取って鳥を診て下さるご主人。
驚いてしまって、鳥インフルエンザのことを聞いてみたところ


「そんなもんなっとったら、こんな小さいのが生きとるわけないやろ!」

って私がキレられました。(何故)



ビタミン剤とフードを食べさせてもらい

「もう大丈夫や」

って言われて一安心。

色々とアドバイスを頂いて、これから育てて行く事になりました。
巣立つまで我が家の居候です。


ペットショップトクダさん、本当にありがとうございました!








8744.jpg


誰やこれ。


食ったらアカンからな。




一番驚いたことは、食事はふやかしたドッグフードでいいってことです。
ドッグフードならなんでもいいって言われた。栄養価的に丁度あってるらしい。

出費が嵩まなくて済むので、それが一番助かりました。
うちのドックフードをあげてるんですが、このフード…鳥肉入ってるんだけど・・・(THE共食い)





ちなみに鳥の種類もペットショップトクダさんに教えていただきました。

ひよどりって鳥だったようで、割と大きくなるらしい。
(たしかに現段階でデカイのでカラスくらいにはなると思ってた・・・)


もしかしたら(かなりの低確率で)喋るかもしれない・・・って言われました。
え・・・私そのくらいまで飼わないといけないの?数ヶ月くらいだと思ってたんだけど・・・。


昨日から、なかなかお生意気なお鳥様だなーと思っていたんだけど、ひよどりって他のヒナ蹴落として生きる鳥だってマネージャーから聞きました・・・納得。

すぐにピーピーと「エサくれコルァ」って文句言うお鳥様で、生命力はなかなか立派だと思います。
丈夫そうなので、鳥の飼育経験のない私でも育てれそう。


昨日泣きそうになってたのが、既に笑い話になってきています。



今調べたら、ひよどりって巣立ちが早いっぽいので、早く旅立ってくれそうです。
だけど人の手で育ててしまってるので、きっと長生きは出来ないんだろうなぁ・・・。
かと言って猫のエサにするのも可哀想だし、頭が痛い。


とりあえず頑張って飛べるくらいまで育ててみたいと思います。
それが私の原チャにいた宿命・・・。

当分は同伴出勤ですよ全く・・・いいご身分ですこと。




名前は「トリ」って呼んでたら、それはあまりにも酷いってことで「ヒヨちゃん」って呼ぶ事になりました。

これからはヒヨとの生活も綴っていく予定です。巣立つまで・・・早く巣立ってほしい・・・




8745.jpg




にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://athena0120.blog35.fc2.com/tb.php/47-0fe8eeb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。