--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/04/2008    小さい命
今日いつものように仕事を終えて、いつもより少し遅い時間での帰宅。

今日は雨の予報だったけど、それでも構わずに原チャで通勤。


いつものように猫の足跡と毛だらけなんだろうな・・・と溜息混じりに愛車に向かいました。
真っ暗で何も見えなかったけど、足置き場の所になにやら黒くて丸い塊がある。


「げー、猫の糞か・・・」


と思い、イラッとしながら払って落とす。そしたら




「ぴーぴーぴーぴーぴー!」


と黒い物体が鳴きました。




ええええええ!って思ってよく見てみたら、なんとそれは鳥のヒナ。

毛はまだ生えてない、タマゴから生まれたばかりのような肌をしていて、目も開きません。
だけどやたらデカイ。
何此れ・・・私、授業で生まれたばかりの鳥のヒナ見た事あるけど、インコの成鳥サイズくらいあるんだが。


どうしよう、どうしよう・・・と慌てふためくも、原チャに積んでたタオルに包み、再びお店に戻りました。
「ええ、なんで戻ってきたの?」と皆がポカーンとするなか、事情を説明。

そして、オーナーとマネージャーと業者の方と私の4人であちこちに電話をかけて、どうしたらいいのか聞きまくってました。


まず、近くに鳥を診てくれる病院がなかなかないのと、あと時間が時間で殆ど閉まってたのでなかなか前に進めなかった。

そしたら、県庁に野生動物なんたら課(?)というところがあって、そこに聞いてみた。


鳥を見つけた場合は、まず触れずにそのままにしておいてください、って言われました。
酷いと思われるかもしれないけど、それが自然の当たり前。

でも、私の原チャの上に何故か乗っかってた鳥を見捨てるわけにも行かず、また戻しに行けば確実に猫の餌食になるので出来ません。
というか、駐輪場って心無い人(本人は親切でやってるんだろうけど・・・)が餌付けしてるせいで、野良猫がやたら居るのに、何故か無傷の鳥でした。


マネージャーに色々と聞いてもらい、最終的に某動物園(近くの動物園)に聞いてくださいということになった。
しかし、動物園はもう閉まってて、電話かけても繋がらず、明日に持ち越されることに・・・。

鳥を拾った場合、たとえ鳥の診察をしている病院でも、鳥インフルエンザの問題で診てくれないことが多い。
鳥インフルエンザの院内感染がなかったとしても、鳥インフルエンザの鳥が来たと言う事で病院の評判が下がってしまうから・・・。

だからきっと、動物園も断られるかもしれない・・・
一応、マネージャーは小さい頃に拾った鳥を動物園に持って行って診てもらったらしいけど、最近は鳥インフルエンザがあるもんなぁ・・・。




どうしようもなかったので、現在はウチに鳥が居ます。
これも我が愛車の上に居た運命・・・。

誰も鳥の飼育経験がなくて、私もどうすればいいのかわからない状況ですが・・・
研修生の子が鳥の飼育経験があったので、教えてもらったことをなんとかやってみようと思います。

明日まで生きてたら鳥のエサ買ってこよう・・・。
あと、籠も買うべきかな。今は箱の中に入れてるんですが・・・。



もう絶対無理だ・・・って思ってたんですが、家に帰って箱を開けたら、さっきまで目を瞑ってたくせに、体の割に小さい目が爛々と輝いておりました。
あと、口もあけなかったくせに、水を注射器で与えようとしたら物凄く口開いてびっくりした。

どのくらい水を飲むのかわからなくて、適当に水を与えてたら、だんだんと鳥がキレだして逃げてました。
(なんて生意気な・・・)


謝って箱の蓋を落として、どうやらそれが頭に当たったらしく、それもまたキレてピーピー鳴いてました。
なんか・・・凄く生命力のある奴のようです。



とりあえず温めなきゃ・・・と思い、近くのスーパーで何とかカイロを購入でき、タオルで包んで箱の底に敷いて置いてました。
そしたら、さっき見たところ・・・熱くてハァハァしとった。ごめん・・・鳥。ちょっと熱すぎた。




まだ油断はできないのですが、なんか割りと元気なので明日の朝まで生きてるんじゃないかと思ってしまいます。
せめて明日動物園で診てもらって、それで何かしらのアドバイス貰いたい。

一応育てる覚悟はしてますが、鳥インフルエンザが怖かったりします・・・
アテナさんは近づけてません。
手で触るなって言われたので、触らずに頑張ってます。手洗いはしっかりと。





せめて空を飛ぶくらいまで成長してほしい。

恐らく野鳥なので、私たちの手に触れてしまった時点で将来が不安だったりもしますが・・・
それでも、立派に羽ばたく姿を見せてくれることが、私たちへの一番の恩返しです。

あと、何の種類かが気になります。
ヒナのくせにでかすぎるんだよ、お前…




家に帰る途中、家に帰ったら死んでるんじゃないかと思って涙堪えながら運転して帰ったのですが、それもちょっと馬鹿みたいに思えてきました。

今日あったことを全て笑い話にするためにも、一日一日長く生きてほしいです。




3.jpg




明日も元気に生きてたら、名前つけてやろうかな。

でも、呼びやすさを考慮して、たぶん「トリ」って呼んでそうですが。




にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://athena0120.blog35.fc2.com/tb.php/46-c89f8f08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。