--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/05/2008    ヒヨが遺したもの
今日の朝、ヒヨさんが息を引き取りました。

私が起きた段階ではまだ息をしていて、私の応答に応えるように目を開けていたのですが、私がシャワーから出て朝食の準備をし、ヒヨにエサをあげようとした時にはもう動きませんでした。


昨日、あんなに元気だったので、信じられませんでした。




すぐにマネージャーと研修生の子に連絡を入れました。

朝食が喉を通りませんでした。



自分を責めてしまいます。

ヒヨが苦しいっていう兆候をちゃんと見てあげれてなかった・・・
目を開けてもすぐ閉じてしまって、それが寝ぼけてるからだとばかり思って油断してしまった。
あれは「苦しいよ」って言ってたんだ・・・すぐに気づけば連れて行けたのに・・・。

あんなに元気で、生命力の強い子が何故・・・。

ドッグフードが悪かったのかな?
賑やかなところに連れて行きすぎたのかな?
犬と同じように接してしまったのが悪かったのかな?

私はヒヨに、最後になんて言葉をかけたのだろう・・・。



昨日の夜、寝る前にヒヨを確認したとき、ヒヨが自分で座って私の顔を見つめてきました。
ヒヨが自ら私を見つめたのはそれが初めてで、凄く凄く愛おしくて、そのとき初めてヒヨに「お前可愛いなぁ」って顔が綻びました。

これからももっともっとその小さい瞳に私が写るのだろうと思っていた。
これからヒヨと私たちの生活が本格的に始まると思ってた。

ネットで調べたら、甘い物が好きだと書いてあったので、今日は帰りに奮発して果物を買って帰ってやろう・・・って張り切ってた。
無駄に終わっちゃったな。



私はヒヨの命を、ほんの少ししか永らえさせてあげられませんでした。
私が手で覆った時点で、それは決まっていたことなのかもしれません。

野鳥を育てることの大変さを思い知りました・・・。


昨日、「死んだ場合は埋めたら駄目」と言われてしまったので、ヒヨのお墓を作ってあげることができません。


ヒヨとの別れは、ヒヨが飛び去って行く時だと、誰もが思っていました。
ヒヨは空の広さを知ることが出来るとばかり思っていました。
まだツルッツルの体だったけど、これからもっと綺麗な羽毛が生えるから、それを誰もが楽しみにしていました。

結果的に空に上っていけたからよかった・・・なんて言葉を使いたくはありません。
そんな形で空に行かせたいと思って、育ててたわけではないからです。

私は職場では「お母さん」ってあだ名がついてしまって、「やめてくださいよ」なんていいながらも、内心は満更ではありませんでした。
研修生の子が「養母」として、大変なら引き取ってくれるとも仰ってくれていました。


お盆休みは一緒に実家に帰ろうって思っていた。
大自然をヒヨに堪能させてあげたかった。



何も出来ずに終わってしまった。

ヒヨが心配で心配で、さいきんゆっくり寝れなくて目の下に隈ができてきました。
今日はゆっくり眠れそうです・・・。






ヒヨちゃん・・・きっと貴方の生涯は幸せじゃなかったと思う。


生まれ変わって、次もまた鳥として生きることになったのならば、もう二度と私の前に現れないでください。

次は人の手のぬくもりを知らず、人の手からではなく鳥のくちばしから食べ物を貰い、仲間たちと一緒に空に舞い上がり、ヒヨに似た可愛い子供たちをたくさん育ててあげてください。

もう人間の前に落ちるようなことにはならないでください。
野鳥として、立派に生きる生涯を送ってほしいから。


もし、私とヒヨが何処かで出会うことになるのなら、こんどは・・・

ヒヨが私を見上げるのではなく、私がヒヨを見下ろすのでなく、

ヒヨが私を見下ろして、私がヒヨを首が痛くなる位まで見上げる形で出会いたい。



「相変わらずヒヨドリは煩いなー」って言いながら、私がヒヨを手に抱くことのない位置で出会いたい。

もう二度と、私と同じ空間で生きることにはなってほしくないです。


あちこちに電話をかけたとき

「人が拾った時点でもう駄目ですよ」

って言われて、頭に来てました。
「だったら立派に育ててやるよ!」って意気込んだのに、野鳥ってそんな簡単に育てれるものじゃないと、身を持って体験しました。
とくに、今まで一度も鳥を育てた事のない人間が、育てれるわけないんです。



次はぜったいぜったい野鳥としての生涯を送ってください。







8751.jpg


せっかくアメリカから届いたチェリーを貰ってきたのに、味を堪能する事もなく終わっちゃったんだな。
甘くてとっても美味しかったのにね。







8752.jpg



代わりにこの方が食べてくださるそうです。









8753.jpg


皮も向いてないし、タネも取ってないんだからもう少し待って下さい。







この2日間はとても貴重な体験で、とても勉強になりました。




ヒヨちゃん、さようなら。ありがとう・・・

ずっと、忘れない。



食べれなかったチェリーを、一粒だけ貴方に添えてお別れします。
スポンサーサイト
07/04/2008    居候決定
昨日保護した野鳥の経過報告です。
昨日の流れでは…


原チャの上でヒナ発見
 ↓
職場の人たちであちこちに電話をするが、どうしたらいいのかわからず
 ↓
県庁に聞いた所、某動物園に問い合わせてと回答される
 ↓
某動物園が閉園だったため、翌日に問い合わせる事に
 ↓
我が家に連れて帰る



駄目かもしれない・・・と思っていたのですが、朝からピーピーとエサを強請っていたので、なんとか一晩越えました。
あとは今後どうしていけばいいのかさえわかればこの子は助かる・・・。

仕事を遅刻してもいいので、鳥のために動いて良いと言っていただき、動物園の営業を待って電話しました。



電話に出られたのは若い女性。
事を掻い摘んで説明しました。

返答は大雑把に言うと


・動物園では怪我した鳥なら引き取る事ができる
・野生動物は人間が手を加えた時点で生きていけないから、元いた場所に帰してきてください


だった。
見た感じ、私の拾ったヒナは怪我をしてる様子もないので引き取りは無理。

元居た場所は私の原チャの上だし、原チャを停めてたところに置いておいたら確実に猫のエサ。


どちらの案も却下です。
せめて今後どうしていけばいいのかを教えてもらいたかったのと、何のヒナかを知りたかったので、「今から連れて行くので見てもらうだけでも見てもらえませんか?」と何度も言いましたが、OKの返事はもらえませんでした。

それは対応したお姉さんが悪いのではないことはわかるのだけれど、あちこち盥回しにされて、望みを託したこっちにとってはとてももどかしい気持ちでいっぱいです。

お姉さんも以前(子供の頃)に鳥を拾ったことがあり、その時は動物病院に連れて行けば色々と教えてたとお聞きしました。
だけど鳥インフルエンザの問題で動物病院も厳しいし、鳥を診れる病院がまず少なすぎます。


念のため、動物管理センターにも電話してみてください。
と言われたので、すぐに電話を切って管理センターに電話をしました。






8741.jpg

↑100均一で買った虫かごが今のところ住処↑





望みをかけて管理センターに問い合わせ。
内容としては


・野鳥は管轄外


とのことです。
対応して下った方がすごく親切な方で、鳥を保護した場合は病院よりも鳥を飼育しているペットショップに相談するのが一番だと教えていただきました。
目から鱗です。病院にばかり頼ろうとしてて、そういう方向に頭が向かなかった。


近所に鳥獣専門のペットショップがあったので、すぐに電話をかけました。





8742.jpg

なんぞ、これ。






生体を置いているペットショップだからこそ、尚更鳥インフルエンザの問題で相手にしてくれないんじゃないかと、半ば諦め気味に電話しました。

昨日から何度もした事の事情を、また説明して電話越しの反応をハラハラしながら伺う。



そしたら、思ってたよりもあっさり「鳥を連れて来てください」って言われた。

鳥インフルエンザの話なんて出なくて、一瞬唖然としてしまった。


「すぐに連れて行きます!」って言って電話を切って家を出ました。
昨日から水と犬の缶詰しかあげれてないので、早くしないとヒナが危なかったのです。






8743.jpg

※注:死んでません。寝てるだけです。



連れて行ったら、躊躇わずに手に取って鳥を診て下さるご主人。
驚いてしまって、鳥インフルエンザのことを聞いてみたところ


「そんなもんなっとったら、こんな小さいのが生きとるわけないやろ!」

って私がキレられました。(何故)



ビタミン剤とフードを食べさせてもらい

「もう大丈夫や」

って言われて一安心。

色々とアドバイスを頂いて、これから育てて行く事になりました。
巣立つまで我が家の居候です。


ペットショップトクダさん、本当にありがとうございました!








8744.jpg


誰やこれ。


食ったらアカンからな。




一番驚いたことは、食事はふやかしたドッグフードでいいってことです。
ドッグフードならなんでもいいって言われた。栄養価的に丁度あってるらしい。

出費が嵩まなくて済むので、それが一番助かりました。
うちのドックフードをあげてるんですが、このフード…鳥肉入ってるんだけど・・・(THE共食い)





ちなみに鳥の種類もペットショップトクダさんに教えていただきました。

ひよどりって鳥だったようで、割と大きくなるらしい。
(たしかに現段階でデカイのでカラスくらいにはなると思ってた・・・)


もしかしたら(かなりの低確率で)喋るかもしれない・・・って言われました。
え・・・私そのくらいまで飼わないといけないの?数ヶ月くらいだと思ってたんだけど・・・。


昨日から、なかなかお生意気なお鳥様だなーと思っていたんだけど、ひよどりって他のヒナ蹴落として生きる鳥だってマネージャーから聞きました・・・納得。

すぐにピーピーと「エサくれコルァ」って文句言うお鳥様で、生命力はなかなか立派だと思います。
丈夫そうなので、鳥の飼育経験のない私でも育てれそう。


昨日泣きそうになってたのが、既に笑い話になってきています。



今調べたら、ひよどりって巣立ちが早いっぽいので、早く旅立ってくれそうです。
だけど人の手で育ててしまってるので、きっと長生きは出来ないんだろうなぁ・・・。
かと言って猫のエサにするのも可哀想だし、頭が痛い。


とりあえず頑張って飛べるくらいまで育ててみたいと思います。
それが私の原チャにいた宿命・・・。

当分は同伴出勤ですよ全く・・・いいご身分ですこと。




名前は「トリ」って呼んでたら、それはあまりにも酷いってことで「ヒヨちゃん」って呼ぶ事になりました。

これからはヒヨとの生活も綴っていく予定です。巣立つまで・・・早く巣立ってほしい・・・




8745.jpg




にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
07/04/2008    小さい命
今日いつものように仕事を終えて、いつもより少し遅い時間での帰宅。

今日は雨の予報だったけど、それでも構わずに原チャで通勤。


いつものように猫の足跡と毛だらけなんだろうな・・・と溜息混じりに愛車に向かいました。
真っ暗で何も見えなかったけど、足置き場の所になにやら黒くて丸い塊がある。


「げー、猫の糞か・・・」


と思い、イラッとしながら払って落とす。そしたら




「ぴーぴーぴーぴーぴー!」


と黒い物体が鳴きました。




ええええええ!って思ってよく見てみたら、なんとそれは鳥のヒナ。

毛はまだ生えてない、タマゴから生まれたばかりのような肌をしていて、目も開きません。
だけどやたらデカイ。
何此れ・・・私、授業で生まれたばかりの鳥のヒナ見た事あるけど、インコの成鳥サイズくらいあるんだが。


どうしよう、どうしよう・・・と慌てふためくも、原チャに積んでたタオルに包み、再びお店に戻りました。
「ええ、なんで戻ってきたの?」と皆がポカーンとするなか、事情を説明。

そして、オーナーとマネージャーと業者の方と私の4人であちこちに電話をかけて、どうしたらいいのか聞きまくってました。


まず、近くに鳥を診てくれる病院がなかなかないのと、あと時間が時間で殆ど閉まってたのでなかなか前に進めなかった。

そしたら、県庁に野生動物なんたら課(?)というところがあって、そこに聞いてみた。


鳥を見つけた場合は、まず触れずにそのままにしておいてください、って言われました。
酷いと思われるかもしれないけど、それが自然の当たり前。

でも、私の原チャの上に何故か乗っかってた鳥を見捨てるわけにも行かず、また戻しに行けば確実に猫の餌食になるので出来ません。
というか、駐輪場って心無い人(本人は親切でやってるんだろうけど・・・)が餌付けしてるせいで、野良猫がやたら居るのに、何故か無傷の鳥でした。


マネージャーに色々と聞いてもらい、最終的に某動物園(近くの動物園)に聞いてくださいということになった。
しかし、動物園はもう閉まってて、電話かけても繋がらず、明日に持ち越されることに・・・。

鳥を拾った場合、たとえ鳥の診察をしている病院でも、鳥インフルエンザの問題で診てくれないことが多い。
鳥インフルエンザの院内感染がなかったとしても、鳥インフルエンザの鳥が来たと言う事で病院の評判が下がってしまうから・・・。

だからきっと、動物園も断られるかもしれない・・・
一応、マネージャーは小さい頃に拾った鳥を動物園に持って行って診てもらったらしいけど、最近は鳥インフルエンザがあるもんなぁ・・・。




どうしようもなかったので、現在はウチに鳥が居ます。
これも我が愛車の上に居た運命・・・。

誰も鳥の飼育経験がなくて、私もどうすればいいのかわからない状況ですが・・・
研修生の子が鳥の飼育経験があったので、教えてもらったことをなんとかやってみようと思います。

明日まで生きてたら鳥のエサ買ってこよう・・・。
あと、籠も買うべきかな。今は箱の中に入れてるんですが・・・。



もう絶対無理だ・・・って思ってたんですが、家に帰って箱を開けたら、さっきまで目を瞑ってたくせに、体の割に小さい目が爛々と輝いておりました。
あと、口もあけなかったくせに、水を注射器で与えようとしたら物凄く口開いてびっくりした。

どのくらい水を飲むのかわからなくて、適当に水を与えてたら、だんだんと鳥がキレだして逃げてました。
(なんて生意気な・・・)


謝って箱の蓋を落として、どうやらそれが頭に当たったらしく、それもまたキレてピーピー鳴いてました。
なんか・・・凄く生命力のある奴のようです。



とりあえず温めなきゃ・・・と思い、近くのスーパーで何とかカイロを購入でき、タオルで包んで箱の底に敷いて置いてました。
そしたら、さっき見たところ・・・熱くてハァハァしとった。ごめん・・・鳥。ちょっと熱すぎた。




まだ油断はできないのですが、なんか割りと元気なので明日の朝まで生きてるんじゃないかと思ってしまいます。
せめて明日動物園で診てもらって、それで何かしらのアドバイス貰いたい。

一応育てる覚悟はしてますが、鳥インフルエンザが怖かったりします・・・
アテナさんは近づけてません。
手で触るなって言われたので、触らずに頑張ってます。手洗いはしっかりと。





せめて空を飛ぶくらいまで成長してほしい。

恐らく野鳥なので、私たちの手に触れてしまった時点で将来が不安だったりもしますが・・・
それでも、立派に羽ばたく姿を見せてくれることが、私たちへの一番の恩返しです。

あと、何の種類かが気になります。
ヒナのくせにでかすぎるんだよ、お前…




家に帰る途中、家に帰ったら死んでるんじゃないかと思って涙堪えながら運転して帰ったのですが、それもちょっと馬鹿みたいに思えてきました。

今日あったことを全て笑い話にするためにも、一日一日長く生きてほしいです。




3.jpg




明日も元気に生きてたら、名前つけてやろうかな。

でも、呼びやすさを考慮して、たぶん「トリ」って呼んでそうですが。




にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。